RaspberryPiの初期設定

RaspberryPiの初期設定

こんにちは、けちょです。


自宅で検証・学習用途にいろいろなサーバーを構築しているのですが、
最近サーバが増えてきてhostsの管理が大変になってきました。


Windows上にDNSを立てて運用していた時期もありましたが、
他のPCから名前解決するのにいちいちWindowsを立ち上げるのがめんどくさいですよね。


消費電力の少ないRaspberryPiだったら常時起動でも良さそうなので、
RaspberryPiにDNSを立ててみることにしました。

今回は、到着から初期セットアップまでとなります。

注文~届くまで


Tinker Boardのときもお世話になった、 Physical Computing Lab さんで注文しました。

Raspberry Pi3 model B+ コンプリートスターターキット(B+ Basic 16GB)
価格:10450円(税込、送料別) (2019/6/3時点)楽天で購入



到着まで1週間ぐらい覚悟していたのですが、3日で到着。
素早い対応助かります。

いざ、開封


本体、microsd、電源ケーブル(写真には写っていません)、説明書が同梱されていました。

付属品の中に、ヒートシンクが2つ(CPUとLANモジュール用)あります。


本体のケースを壊さないよう取り外したあと、ヒートシンク裏面のシールを剥がして装着します。


ハブ等にLANケーブルで接続したら準備完了です。
それでは、構築していきましょう。

初期設定

ホスト名変更


まず、ホスト名を変更しますが ラズパイのOS “RaspbianOS” では以下2つのファイルを任意のホスト名に変更する必要があります。

/etc/hostname
/etc/hosts

変更後、rebootしてください。

タイムゾーン変更


タイムゾーンの変更は、タイムゾーンファイルを /etc/localtime にコピーするだけです。

$ sudo cp -p /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
$ sudo cat /etc/timezone
Asia/Tokyo

Asia/Tokyo になっていればOKです。

キーボード設定


日本語入力に対応したキーボード設定に変更します。

$ sudo vi /etc/default/keyboard
 
XKBMODEL="jp106"
XKBLAYOUT="jp"
XKBVARIANT=""
XKBOPTIONS=""
 
BACKSPACE="guess"

デフォルトランレベルの変更


DNSサーバとして運用するため、デフォルトのランレベルをリソースの消費量の少ない CUI に変更します。

$ sudo systemctl set-default multi-user.target

NTP(時刻同期)設定


“RaspbianOS” のNTP設定ファイルは、timesyncd.conf です。

メインのNTPサーバと同期できなくなったときに備えて FallbackNTP に2つ外部のNTPサーバを指定します。

$ sudo vim /etc/systemd/timesyncd.conf
 [Time]
NTP=ntp.jst.mfeed.ad.jp
FallbackNTP=ntp.nict.jp time.google.com

上書き保存後、systemd-timesyncd サービスを再起動します。

$ sudo systemctl restart systemd-timesyncd
Warning: systemd-timesyncd.service changed on disk. Run 'systemctl daemon-reload' to reload units.

コマンド実行後に、 ‘systemctl daemon-reload’ を実行するよう指示されるので、実行します。

$ sudo systemctl daemon-reload


次回、DNSを構築したいと思います。

IoTカテゴリの最新記事