Linuxのバックアップコマンドについて

Linux

Linuxサーバの運用においてバックアップの取得は避けられないと思います。
有償・無償のツールを含め多数のバックアップ取得方法が存在するLinux。
しかし、その多様性ゆえにどのツール・コマンドを使用するか迷うところです。

そんな中で、バックアップを取得するという最低限の目的を満たしつつ
導入が比較的容易なコマンドを記載します。

cpコマンド

【基本】
cp [オプション] コピー元 コピー先
【1つのファイルのコピー】
cp コピー元 コピー先
【1つのディレクトリのコピー】
cp -r コピー元 コピー先

みんな大好きcp。
IPアドレスを変更するなど、設定を変更する前に”_bak”という名前でファイルのバックアップを取得したりします。
1つのファイルからディレクトリ丸ごとコピーも可能です。

tarコマンド

【基本】
tar [オプション] 作成先ファイル名.〇〇 圧縮対象ファイル名

お手軽圧縮コマンド。
オプションによって圧縮率を指定することが可能。
-c オプションで圧縮実行
-x オプションで展開

dumpとrestoreコマンド

システム丸ごとバックアップする際に役立つコマンド。
こちらのサイトに詳しい手順が記載されています。

rsyncコマンド

サーバのデータ更新頻度が低いけどバックアップは取得しておきたい。
でも、ツールを導入するほど工数をかけたくもない。

そんな時、コマンドと各種ツールの中間に位置するrsyncが真価を発揮すると思います。

上記コマンドとの大きな違いは、差分のみをコピーすることができる点。
バックアップ取得時間やネットワーク負荷を抑えることができます。

初回のフルバックアップ以降は、差分箇所を自動で検出してコピーしてくれます。

cronとの組み合わせで日時バックアップ取得は簡単に済ませられます。
こちらのサイトにrsyncスクリプト〜cron登録までわかりやすく記載されています。

当ブログに間違いやご意見ございましたら、コメントいただけると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました