プログラム解析のLinuxコマンド〜strace〜

Linux

役立ちそうなコマンドがあったので、備忘のため記載します。

基本的な使い方

# strace [コマンド]
例)
# strace ls

lsコマンドのコールスタックが解析できます。

# strace -p [プロセスID]
# strace -p 2530

ps aux | grep xxx コマンドでプロセスIDを取得後に実行します。
常駐起動しているデーモンプロセスの解析に役立ちます。

# strace -ff -o [出力ファイル名] -p [プロセスID]

-ffオプションを指定すると子プロセスのコールスタックを全て出力できます。
コンソールがあっという間に溢れるので、-oオプションを使用してファイルへの出力を推奨。

実際の使用パターン

yum、apt−get等でアプリを導入し、
さぁアプリを起動しよう!とした時にうまく動かない時があると思います。

設定ファイルの間違いやシステムのログを洗っても、
有益な情報が得られないときに、真価を発揮するコマンドだと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました