Linuxの基礎(〜2日目)

Linux

システムの終了と再起動


shutdownコマンドを使用する。

以下のコマンドは管理者権限(root)で実行する。

shutdown -r now #システムの再起動(reboot)
shutdown -h now #システムの停止(halt)
shutdown -c     #シャットダウンのキャンセル(cancel)

 

ファイルの表示とディレクトリ移動


cat [ファイル名]  #テキストファイルの内容を表示(conCATenate)
less [ファイル名] #大きなファイルの内容を表示
cd             #カレントディレクトリを移動(Change Directory)

 

ハードリンクとシンボリックリンク


lnコマンドでハードリンク、およびシンボリックリンクを作成する。

ln [元のファイル] [作成するリンクファイル]   #ハードリンクの作成
ln -s [元のファイル] [作成するリンクファイル] #シンボリックリンクの作成

 

ハードリンクとシンボリックリンクの違い

参照先のファイル削除時に違いが出る。

ハードリンク   :引き続き内容の参照が可能(ドライブ内の参照先ファイルが格納されている場所と同じ場所を参照しているため)

シンボリックリンク:参照できなくなる(参照先ファイルへのポインタであるため、参照ができなくなる)

 

ファイル管理


#ファイルのコピー(CoPy)
cp [コピー元ファイル名] [コピー先ファイル名]  #カレントディレクトリにファイルを作成
cp [コピー元ファイル名] [コピー先ディレクトリ]  #コピー先ディレクトリにファイルを作成

#ファイルの移動、ファイル名の変更(MoVe)
mv [移動元ファイル名] [移動先ディレクトリ] #ファイルの移動
mv [移動元ファイル名] [移動先ファイル名] #ファイル名の変更

#ファイルの削除(ReMove)
rm [オプション] [ファイル名] #ファイルの削除

 

 

ディレクトリの基本操作


#ディレクトリの作成(MaKe DIRectory)
mkdir [オプション] [ディレクトリ名]

#複数階層のディレクトリを作成(Parent)
mkdir -p [ディレクトリ名]

#ディレクトリのコピー(CoPy Recursive)※r→recursive(再帰的)
cp -r [コピー元ディレクトリ名] [コピー先ディレクトリ名]

#ディレクトリ名の変更
mv [変更前ディレクトリ名] [変更後ディレクトリ名]

#ディレクトリの階層構造を表示
tree

#ディレクトリの削除
rm -r [ディレクトリ名]

 

ファイルとディレクトリの圧縮と展開


gzip版:標準圧縮率

#ファイルの圧縮
gzip [圧縮ファイル名]

#圧縮ファイルの展開
gunzip [圧縮ファイル名]

#アーカイブの作成、展開
tar cvf [アーカイブファイル名] [ディレクトリ名] #アーカイブを作成(Create Visual File)
tar xvf [アーカイブファイル名] #アーカイブを展開

#圧縮アーカイブの作成と展開
tar czvf [アーカイブファイル名] [ディレクトリ名]
tar xzvf [アーカイブファイル名]

bzip2版:高い圧縮率。より時間がかかる

#圧縮アーカイブの作成と展開
tar cjvf [アーカイブファイル名] [ディレクトリ名]
tar xjvf [アーカイブファイル名]

 

参考:1週間でLPICの基礎が学べる本 第2版

コメント

タイトルとURLをコピーしました