WordPress構築の道のり

WordPress構築の道のり

近頃アウトプットが圧倒的に不足していることを痛感し、いろんな書籍を読み漁ったところ、やはり考えていることを文字に起こすことが重要だという結論に至りました。

 

ということで、WordPressを構築してブログ記事を投稿できるまでの道のりを記載します。

今回は、レンタルサーバの契約からWordPressを構築する手順までを記載しました。

 

レンタルサーバ契約

まずは、レンタルサーバの契約から。

無料でもよいのですが、自分の本気度を高めるために(笑)さくらのレンタルサーバを選択しました。

 

サーバスペックと価格から今回は、必要十分なスペックのスタンダードプランにしました。

参考:https://rentalserver-comparison.net/

 

独自ドメインの取得

次に、独自ドメインを取得します。

本格的にブログを始める場合は、SEO・サーバ移行の可能性の観点から、専用のドメインを取得した方がいいそう。

お名前.comでドメイン取得しました。

 

参考:https://www.homepage-tukurikata.com/domain/

 

WordPressインストール

ここまで来ると、さくらインターネットのサーバコントロールパネルの「クイックインストール」から1クリックでWordPressがインストールできます。

参考:https://goo.gl/GVs2QC

 

STEP4 ドメイン設定の手順6まで順調に進んだのですが、

404エラーで接続できず・・・。

→「クイックインストール」-「インストール済み一覧」の管理画面URLのクリックで解決しました!

導入後の初期設定

↓のリンク先で設定しました。

特に、公開するサーバである以上、セキュリティ関連の設定は必須ですね。

WordPressを初導入したら まず最初にやるべき24の設定

 

独自ドメイン設定

取得した独自ドメインでブログサイトを閲覧できるよう設定します。

お名前.comの独自ドメインページでネームサーバを設定します。

「お名前.com」-「ドメイン」-「ドメイン詳細」-「ネームサーバ設定」の画面上で、以下のネームサーバを入力します。

 

ターミナルを立ち上げて、「Whois <独自ドメイン名>」を実行しましょう。

「Name Server」が”NSx.DNS.NE.JP”に変わっていれば成功です。

30分ほど待つことで無事に独自ドメインで接続することができました!

※注意:環境によっては開通まで時間がかかる場合があるようです。

ネームサーバ情報を変更すると、変更された情報がインターネット上に反映するまで、数時間~48時間必要です。

 

以上、レンタルサーバの契約からWordPressの構築まででした。

WordPressカテゴリの最新記事